「森のようちえん」とは

森のようちえんは、年間を通して自然環境の中で幼児教育や保育をする場の総称です。「ようちえん」は、認可幼稚園だけでなく、託児所、学童保育、自主保育、自然学校、育児サークル、子育てサロン・ひろば等が含まれ、0歳から概ね7歳ぐらいまでの乳児・幼少期の子ども達が集団で活動する場を指しています。 1950年代中頃にデンマークの1人の母親が我が子のためにおこなった森での教育が北欧を中心に広がり、ドイツでは「Wald kindergarten」(ヴァルト・キンダーガルテン:Wald=森、Kindergarten=幼稚園)という名で、環境教育に熱心な両親のみならず、若者世代を取り込もうと懸命な環境行政や、発育への影響に関心を寄せる科学者からも大きな注目を集めているそうです。日本でも2005年から「森のようちえん」としてNPO法人や自然学校などで活動が始まり、2008年には『森のようちえん全国ネットワーク』が設立され、年々その活動は広がりを見せています。 「森のようちえん」のスタイルは様々ですが、共通していることは、自然の中で一日を過ごすということと、意図的に大人の考えを強要せず、子どもが持っている感覚や感性を信じて引き出すようなかかわり方を大切にしていることです。

『森のようちえん全国ネットワーク』HP参照